FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついてない時の主人公

麻雀漫画の最強キャラは基本つきまくってる。
赤木はカンすれば必ずドラが4個乗るし、爆
岡にはツモスー聴牌の手が入りまくる。傀は
必ずフリテンリーチをツモあがる。しかし、
だからこそたまたまついてない、もしくは自
分よりも大きいツキをもった相手と戦った時
どう戦うのかというのは漫画の中で大きなテ
ーマになってる気がするのでちょっとまとめ
て見ようと思う。
 
1.赤木しげるの場合

  相手・鷲巣巌
 
攻略方法・ブラフや心理作戦などありとあらゆる
手段を使ってオリに回らせたり、逆に手を深追い
させる事で手を成就させない。そして自分は絶対
に打ち込まない。自分の命を全く大事にしない。

2.傀の場合

 相手・7巻の田舎物、今回のおっさん達

攻略方法・高度な逆打ちで流れを奪い取る。気づ
くと立場が逆転している。おそらく自分がついて
ない時流れを変えることに関しては傀が最強だろ
う。

3.爆岡の場合

 相手・バカヅキの鉄壁

攻略方法・ひたすら正着打(爆岡にとっての)を
打ち続け、爆牌の直撃で一気にまくれるチャンス
を待つ。どんなに絶望的な状態でも直撃で捲れる
手を考えそれを作りに行く。

とりあえず3人まとめてみたんだが、それぞれの
麻雀観が感じられた気がする。赤木はやっぱり様
々なテクニックを使いこなす試合巧者といった感
じで、傀は完全に流れを操る事が麻雀の全てだと
思ってそう。爆岡はやっぱりデジタルなんだとい
う感じ。
 というよりこのテクニックを使う、流れを変え
る、諦めず正着打を打ち続ける。の3タイプで麻
雀漫画主人公の壁にぶつかった時の打ち方は分類
出来るんじゃないかと思えてきた。吉岡なんかは
もろに爆岡タイプ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

矢尾板

Author:矢尾板
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。