スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦で使えるかも!?矢尾板の相対的場況読み講座

 タイトルはノリでつけたんでたいした意味は
ありません。

(前回の続き)他家がマンズを切ってオリに回れば
ぎりぎりついてない状態である自分はペンカン待ち
をツモあがれるはずがないので流局となる。ノーテ
ン罰符が入ればラッキーだが入らなくてもOKなぜ
なら1番の目的は積み棒を作る事だからだ。ビンタ
麻雀で2500点は大きいので、他家は腰が軽くな
る。とりあえず4巡目あたりまでは役牌を温存し、
他家に対子りはじめたころあいを見て一気に鳴かせ
にかかる。後は自分の手牌の進行は考えずに鳴かれ
そうな牌を切り続けることで完全な鳴き合戦を演出
する。鳴き合戦で鳴いた者同士が振り合うのは当然
の帰結であろう。そうなればクビの切れたものは早い
手を作り、それを見た他家は小場だと思い安い手を
あがるのだ。
 全員テンパイの時点でツキは平均化しているし、
今まで耐え続けて小場を作った傀に安くても手が
入ってくるのであがりきれるというわけだ。後は
塚内さんの解説どおり。

 というわけで初登場時の江崎さん並みの強引な読み
をさせていただきました。こんな長い記事最後まで
読んでくれる人がいたらありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

矢尾板

Author:矢尾板
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。